fbpx

MSIG – Office Ergonomics – Japanese SS

Please log in to take the exam.
1
業務中・業務外にかかわらず快適さを実現するためにエルゴノミクスの原理は設計されている。
2
モニターと目との最適な距離は
3
次のうち職務環境の設定に効果的でないものはどれか?
4
次のうち、最初に調整すべきものは何か?
5
エルゴノミスクの目的は、場所を問わず____姿勢を身につけることである。
6
座っているときに足裏が床に着かない場合にとるべき対応はどれか?
7
キーボードのキーを強く叩くように入力することは、徐々に痛みや不調を生じさせる。
8
業務中に背中、首、肩に不調を感じる場合、どのような対応をすべきか?
9
エルゴノミクスの原理は次の選択肢の内、どの項目に適用できますか。
10
机でキーボードをタイプする際には、肘を肘掛で休めなければならない。